遊漁者の皆さんへ 小型魚再放流のお願い



古来、大阪湾は「茅渟(ちぬ)の海」と呼ばれるほどにチヌをはじめとする魚介類の豊富な海でした。

しかし、近年、漁場・生息環境等の悪化にともない、漁獲量が大きく低迷し、魚種によっては資源状況が大きく減少したものもあります。
このため、「豊かな大阪の漁業」を少しでも回復させるため、漁業者自らが積極的にキジハタ(アコウ)、マコガレイ、ヒラメ、マダイな
ど小型魚の再放流に取り組んでいます。
また、大阪府栽培漁業センターでは、水産資源の回復・維持と漁業生産の向上のため、魚介類の生産・放流を行っています。
釣りなどを楽しむ遊漁者の皆さんにとっては、海はレクリエーションの場ですが、漁業を営む漁業者にとっては大切な仕事の場です。
皆さんも資源保護のため、小さな魚は海に返すことへのご協力をお願いします

   

漁業者によるJ小型魚再放流の取り組み      ◎特に遊漁対象魚
◎マコガレイ:全長15センチメートル以下 メイタガレイ:全長13センチメートル以下 ◎ヒラメ:全長28センチメートル以下
◎マダイ:全長13センチメートル以下

◎キジハタ(アコウ):全長25センチメートル以下

オニオコゼ:全長15センチメートル以下

ガザミ:甲幅長13センチメートル以下 クルマエビ:全長13センチメートル以下 シャコエビ:全長:12センチメートル以下

◎アナゴ:全長28センチメートル

その他重要魚種の小さい魚の再放流もよろしくお願いします。

その他の重要魚種

◎クロダイ

◎カサゴ(ガシラ)

◎メバル